気まぐれブログ

小久保運送気まぐれブログ

伊勢崎銘仙の隆盛 箱根で発見

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日久しぶりに、箱根町にあるポーラ美術館を訪れました。家族が、企画展「モダン美人誕生」を見たいというリクエストにお応えしまして(笑)。個人的にはあまり興味はなく、ただ副題?として岡田三郎助生誕150年記念とありますので、明治の洋画壇の巨匠の絵が見られるのかな~と漠然と思って行ったのです。

そんなわけで数年ぶりのポーラ美術館は、山の中にあって雨の降る寒い日曜朝にもかかわらず、結構な人で賑わっておりました。ここの美術館は4層になっていて、エントランスからエスカレーターでチケット売り場まで下り、チケットを購入。そして更に2つの展示階へ下っていくという、構造になっています。

さてお目当ての企画展、モダン美人誕生コーナーは、明治の頃から連綿と変遷を遂げてきた日本の「美人」という概念について、またそれにかかわってきた画家達等にスポットを当てて展示してありました。さすが化粧品メーカーポーラが関連する美術館。日本人の美人に対する捉え方を時系列で、色々な展示物で表現しているなと感じた次第です。男性にももちろん楽しめる、中身の濃い企画展でありました。

その中で最も注目したのは、わが街が誇る「伊勢崎銘仙」を宣伝する、昭和初期の頃のポスター(収蔵は江戸東京博物館)。松竹の映画女優、槇芙佐子をモデルにしたポスターがガラス張りのケースの中に展示されていました。ポスターには伊勢崎織物同業組合の文字が。(今の伊勢崎織物協同組合と同じなのかな?)

ネット情報ですが、初代のポスターモデルは水谷八重子。ちなみに一緒に行った弊社会長は若い頃、織物関係の仕事に携わった時期があり、そうした女優さんのポスターもおぼろげながら覚えていたようです。

あらためて伊勢崎銘仙がいかに一世を風靡したのかがわかる、ちょっとだけ誇らしげになれるそんな企画展でありました。

ポーラ美術館はルノワールのレースの帽子の少女等、印象派のコレクションで有名な美術館とのこと。ガレ等のガラス器等女性好みというのは安っぽい表現ですが、流石女性の美を追求した創業者のコレクションだなあと、個人的には思ったのでした。入館料はちょい高めですが、でもこれだけのモノを一同で見られるならリーズナブルなのではないでしょうか?

ポーラ美術館

御宝田遊水池の白鳥と田淵行男記念館 忘備録

イメージ

お正月気分も抜けた先日。時間もあったので、お昼頃から安曇野方面へドライブしました。お目当ては、日曜美術館で紹介されていた写真家田淵行男の記念館と、御宝田遊水地の白鳥です。行きは関越に乗り、安曇野まで。途中SAでまずい味噌ラーメン(どことは言いませんが)を食べて、記念館まで、ドアツードアで3時間少々。NHKで紹介されたからか、多分我々と同じ様な感じのにわかファンが来訪していました。それなりに楽しんで、そのあと御宝田遊水池へ。白鳥は本日150羽来ているとのことでしたが、ほんとかどうかはわかりません。そのかわり白鳥以外の鴨等が、数えきれないくらいおりました。餌(200円~)を購入し、鳥たちを餌付けしながらスマホで写真を撮るのは、ものすごく寒かったですが、楽しかったかも。

帰りに大正時代から続くパン屋さんで一休みして、三才山超えで帰りました。そんな日曜日でした(笑)

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

初詣 金鑚神社から鏡岩

イメージ

小学生低学年の時、遠足で児玉の金鑚神社へ連れて行ってくれたことを思い出し、今年の初詣は何となくそこへ行ってきました。久しぶりに行く金鑚神社は、結構な人出で、駐車場に車を止め参道を経てお参りするまで結構時間がかかりました。お参りを済ませ、ふと思い出したのが、鏡岩。確か境内の左手山奥に鏡岩へつながるルートがあるはず。調べてみるとありました。500mとあります。何とかなるなと思い、整備された階段を登ることしばし、5分歩いて来たことを後悔しました。でもここまで来たのだからと気を取り直して更に進み、やっとありました。小学校の遠足時に、この岩の前で、体育の先生が説明してくれたことを思い出しました。昔の人はこの岩に自分の姿を映して鏡の様に利用したとか言ってましたが、本当に映るのかな?少なくともこの状態では、鏡の代わりにはならないでしょうが・・・・綺麗に磨けば、良いのかもしれません。

この先もっと進めば、見晴らしの良い場所へ行けたはずですが、小学3年生の頃には感じなかった体力の限界を感じ、諦めて引き上げたのでした(笑)。記憶では、確かここを見たあと、寄居町の鉢形城址を見た気がします。そこでお弁当食べて、もしかしたら荒城の月を歌わされたかも・・・なんと言っても私が通った小学校は、教育会の重鎮、斎藤喜博の息のかかった学校でしたから(わかる人にはわかりますよね。)。そんなわけで、あれから1週間経っても、まだくるぶしのあたりの筋が痛い私でした。来年はもう少し鍛えて、チャレンジしようかと思います。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

日本神社に行ってきました

イメージ

本庄市児玉町に「日本神社」という神社があります。実はいつも「行ってみたいな~」って思っていたんです。ただ場所がよくわからなかった。恐らくこのあたりだろうと思われる場所を車で通ったり、いつもしているはず。そのエリアに行くと、看板もあるので間違いないんですが、どうもどこなのかわからない。そんな状況が続いていました。

昨日、とうとう場所を発見しました。本庄市内から児玉町へ入り、円良田湖へ向かう道沿いにありました。(正確には、道沿いに入り口があったということです。)昨日、円良田湖を抜け、長瀞町に入ろうと思って見つけてしまいました。

いつも見ている「日本神社」の看板を見て、今回は車をすぐ停めて、あたりを見てみると、山の中に入っていく細い道が。(車がギリギリ1台入れるが、一般車は入れません。)看板の前に商店があり、その脇に停めさせてもらい、その細い参道?を入ってみることにしました。両サイドには、神社のノボリがささっていて、間違いなくここは「日本神社」に入っていく道だと確信しました。

でもこんな感じなので、ちょっと不安です。

ここをずんずん上がっていくと、こんな感じになってきました。

そして境内が見えてきました。

こんな山の中に鮮やかな青いダルマが不釣り合いな感じ

由緒です

長年の自分の中の謎がやっと明らかになりました。本庄市長のSNS等にも登場する、有名な神社。駐車場が無く、道を入って山の上とはわかりませんでした。気になる方は是非。場所はここです

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

カワセミ発見 地元の公園で

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

私がときどきウォーキングをする、本庄市のある公園。そこには季節になると鴨がいたりして、とても楽しい場所なんですが、本日カワセミを見てしまいました。

その公園は水路というか川が流れていて、川に沿って小径があるのです。本日(12/20)そこにくちばしが大きくて、ちょっと派手なイデタチのやつ(カワセミが)が対岸の小枝にとまっているのを発見。ん?カワセミ?と、思ったのですが、最初は確信が持てませんでした。結構遠目に見える程度でしたから。でもみてるうちに「ぱっ」と川の中にダイブしました。何も獲れなかったようですが、その行動でカワセミと確信した私は携帯のカメラを構えて撮りました。が、ぜんぜんよく写ってませんね。
いつも散歩するあの公園にカワセミがいるなんて。得した気分になった1日でした(笑)

ちなみに場所は、本庄市の若泉公園。興味がある方はカメラを持って行ってみて下さい。運が良ければ、カワセミのダイブが撮影できるかもしれませんよ。それ以外にも鴨がよちよち小径を歩いているのを見ることができたりして、それはそれで可愛いです(^^

2回目 ボヘミアンラプソディを観てまいりました

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

高校時代、クィーンのコピーバンドをやったこともあり、とても親しんでいるクィーン。あるときから(ザ・ゲーム以降でしょうか)クィーンから離れてしまっていました。フレディにスポットを当てたクイーンの映画・ボヘミアン・ラプソディが上映されると聞いて観に行こうと思ってたんですが、観る前から前評判が高いので少し驚いておりました。もうバンド自体は活動していないし、なぜそんなに人気・話題になるんだろう?と思いながら観に行った次第です。感想は、ちょっと複雑でありました。正直言えば。もちろん映画自体は素晴らしいし、人生について色々なことを示唆してくれる、そんな映画だと思いました。ただ自分が抱くクイーン像とちょっと違う点もあったりして、そんなところが「うーん」な部分でありました。

昨日、実は子供のせがまれて2度めを観ることになったんですが、最初はその「うーん」な部分もあってちょっと抵抗してました。が、2度目を観終わって1度目には見えなかった部分も見えるようになり、素直に良い映画だなぁと思いました。何回も観ている人がいるのも頷けた次第。お薦め致します。是非ご覧ください。

不思議なことが起こりました

イメージ

先日、高校時代からの友人が亡くなりました。ここ5年程やり取りが途絶えていたのですが、彼が闘病していると知って久しぶりに言葉をかわしてからほぼ毎日のようにSNSでやりとりをしていました。言葉もしっかりしているし、昔のように明るくユーモアに溢れた会話に、少しだけ安心していた私でした。

今月に入り、SNSでのやり取りが途切れ途切れな感じになってきて、「どうしたかな?」と心配していました。休日に彼の家の近くに居たので、寄ろうと思いその旨SNSで打診してもまったく既読にならず。翌朝、奥様に「調子はどう?」とメッセージを送ったのですが、その夜、「亡くなった」との連絡が。

後日葬儀に参列し、前代未聞の音楽葬。葬儀場でレッド・ツェッペリンを聴いたのは初めてだし、斎場でクィーンの「We are the champion」のバンド演奏を聴いたのも初。まったく彼らしい葬儀で、彼の存在感の大きさを改めて確認したのでした。

葬儀場入り口に飾ってあった彼の写真。学生時代。最近のモノ。家族とのスナップ等など。そして高校生の頃の写真もあったりして懐かしくて携帯で撮影しておきました。週が開けて月曜日。会社のPCに、その写真等数点を、取り込んだ私。(いつも携帯で撮影した写真は、PCへ移しておくのが癖です)

そしてその日の仕事が終わって帰宅しようと、PCを閉じようとデスクトップ画面を見て驚いた。なんと彼の葬儀で撮影した彼の遺影等の写真が、私のPCのデスクトップの壁紙に設定されている。

それを見た瞬間思わず、「ふざけんなよ」って叫んでしまいました。
でも正直嬉しかった。
きっと私にいたずらして、からかってるんでしょうね。そういうのが好きな男だったから。

よろしいよろしい。暫くあそんであげます。いつでも降りてきなさい(笑)

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

秋を探して長野編 忘備録

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日、長野県安曇野近辺へ秋を探しに行ってまいりました。
行った場所は、碌山美術館~犀川辺りの御宝殿遊水地~長福寺~国鉄篠ノ井線 廃線敷遊歩道(漆窪トンネル付近)~大峰高原 七色大カエデ~北アルプス展望美術館~天平の森展望台です。ナビゲーションに出てこない場所もあったりして、かなり苦労しましたが、それでも夕方まで全て回ってまいりました。帰りは渋滞を見越して、一般道で帰宅。それは大正解だったと思います。以下、忘備録的に写真をアップしておきます。


碌山美術館(30代で夭折した地元出身の彫刻家、荻原守衛の作品を中心に展示。作品も素晴らしいですが、敷地内の建物も味があって良いです。)


御宝殿遊水池 (白鳥が飛来する池だそうです。まだ22羽しかきてませんでした。)


長福寺(大きな銀杏の木がありますが、全部散っておりました。でも黄金色に輝く境内はキレイでした)


旧篠ノ井線の廃線跡が遊歩道になってます。こちらをご参照下さい。


大ケヤキ(ここも全部散ってました。)


北アルプス展望美術館(池田町立美術館)ここからの眺望は素晴らしいです。いつ行っても感動があります。今回は美術館も観覧致しました。


長峰山天平の森 展望台があります。ここから安曇野平野を一望できます。詳細はこちら

以上、忘備録でした。どこも季節がマッチすれば、お薦めです。白鳥は少し早かったのですが、その他は、遅かったかもしれません・・・・。でも、秋を満喫できましたよ~

猫バンバンが効かない・・・涙

イメージ

冬季。猫が車の内部に入ってそのままエンジンをかけたがゆえに、大変な惨事になってしまった・・・そんな話を昔、知り合いの車屋さんから聞きました。だから冬は車に乗る前に、ちょっとボンネットを叩きなよと。そうすれば中に猫が居たら、びっくりして飛び出すからさ。最近では「猫バンバン」とかいう、そんな一連の行動を啓蒙する合言葉もできてるような。

で、本日お客様とランチのあと、店を出て駐車場でしばし立ち話をしていたら、突然どこからともなく子猫(かなり小さい)が登場。最初は可愛いなと思って、ただ眺めていただけでしたが、なぜか留めてあった私の車の足回り部に入っていくのを目撃。おいおい。やめてくれよと、最初は冗談かと思っていたのですが、「まてよ。猫バンバンだな。あれをやれば猫は飛び出していくに違いない。」そう思った私は、自分の車のドアを開けたり締めたり、ボディをバンバン叩いたり。が、一向に出ていく気配なし。しかたなく、ボンネットを開けたら、ちょこんとエンジン付近に座ってる。目が合うと、再び底部に入ってしまいました。「参ったな。」と、再び「猫バンバン」。が、一向に出てくれない。「まずい」と思って、底部を覗き込んでいたら、やっと子猫が飛び出てくれました。「ほっ」と致しました。

皆様、猫バンバンですが、ケースバイケースの様ですよ。これから寒くなります。悲劇にならないように、注意致しましょう。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

キャンセルにつきまして

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

いろいろな内容の依頼を受ける中で、こまってしまうのはキャンセルについてです。一番困ってしまうのは、仕方のないことなのかと思いますが、ある程度話が進んでしまっていて、人や車がかなり動いてしまっている中でキャンセルになったとき。まだ自社で動いているケースなら良いのですが、他車にお願いをして動かしてしまったとき。こういうケースが一番困ります。またご予約を以前から頂いていて、しかも車両を冷凍車や2トン等車両を限定している、あるいは積込時間等をピンポイントで指定しているケースなどの場合。こうした場合のキャンセルも、困ってしまうことがあります。なぜならその仕事を予約頂いたために、別の仕事を断っていることがあるからです。

我々は赤帽から始まった会社ですので、そのお仕事が発生した背景については、ある程度さまざまな想像が付きます。キャンセルになった経緯についても、ある程度さまざまな想像ができます。ですのでそのことは仕方が無いことだと感じていますし、あって当然だと思っています。が、簡単にキャンセルされる方が時々おられて、さらに前述したように他車が動いた場合、キャンセル料を請求されることも多く、間に入ってしまい困ることがあります。

我々は急送・スポット便の配送については、お客様にとって一番ベストな選択ができるように全力で対応致します。ですのでお客様におかれては、キャンセル・延期等については、なるべく早い段階でのご連絡をお願い致します。あまり良しとは致しませんが、世間一般常識で考えてキャンセルフィーが発生してしかるべきだろうと思われる事案につきましては、ご請求をさせていただくことが稀にございます。その点だけは、ご了解下さい。よろしくお願い致します。

1 / 1012345...10...最後 »