気まぐれブログ

小久保運送気まぐれブログ

ブームの裏の悲劇 GWに十日町市 星峠

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

身近に写真撮影好きな人が多くなってると感じます。携帯にカメラが付いたこと、そしてスマホにかわりカメラの性能も上がったこと、インスタグラム等のSNSが登場したことで更にウケる写真を撮る人が多くなってきたことも拍車をかけているような気がします。

先日、新潟県十日町市にある星峠に行ってきました。そこは棚田が綺麗で、夜は棚田に映る星が美しい絶景とも言える知る人ぞ知るな場所。GW期間中に家族と訪れたのですが、帰ってきて知ったのは、我々が行った前日にその場所で自動車の転落死亡事故があったということです。それだけでもびっくりなのですが、さらに驚いたのはその原因でした。その原因とは、夜間そこへ向かう際にはライトを消していくのが暗黙のルールになっていて、どうもそれが原因でハンドル操作を誤ったのでは?とのことでした。

一見それを耳にすると、他人(夜間の撮影をしている人)に迷惑をかけないように配慮する実に日本人的なことだなと思ったのですが、そもそも夜間にライトを意図的に消して走るというのは法律違反なのではないか?ということです。それでなくても、車は走る凶器です。イニシャルDのブラインド走行(知ってます?)ではないのですし、しかも行ってみればわかりますが狭い山道なんですよ。そこは。多分ライトがなければ、漆黒の闇になるような場所です。(こんなところですから)

思い出してみても、あの場所にライトを付けずに走っていくなどありえません。ガードレールも満足に無いようなところです。ニュースで流れた車両を見ると、おそらくサーフのような4WDの車。それなりに山道にも慣れていたでしょうし、だからこそ仲間内のルールを守ってしまったのでしょうね。
撮影ブーム。それはそれで一つの文化ですけれど、誤ったルールを守って死んでしまったのなら残念で仕方ないです。そして残された家族のことを思うと、亡くなった方はほぼ私と同年代なのも手伝って、なんともやるせない気持ちになりました。

#暗黙ルール
#星峠
#撮影スポット

桐生市 大川美術館 松本竣介 子どもの時間

イメージ

私(社長)は、桐生市にある大川美術館の個人メンバーシップに参加しています。年間2万円の会費を払うと、メンバーになれます。2004年に大川美術館を初めて訪れ、故大川栄二館長の案内で館内をお話を聞きながら回るという、今考えるとかなりラッキーな機会に恵まれて以来、同館のファンになりました。その後、メンバーシップ制度があることを知り、恐らく10年以上メンバーになっていると思います。

昔から美術が好きなわけではありませんでしたが、漫画を含めて絵にふれることは好きでした。学生時代にヨーロッパへ行き、行く先々で美術館めぐりもしましたが、今ほどの興味や熱が無いまま名画の前を通り過ぎただけというのはなんとも悔やまれる。そんな程度の美術好きでありました。

2004年に故大川館長が、車椅子に乗って館内を絵について熱弁を持って案内してくれました。その時に聞いた言葉、「名前で見るな。心で見ろ。」「理解しなくても良い。思うままで良い。」(そんな感じのことだったと記憶してます。)そんな言葉に、例えばピカソがわかるとかわからないとか、良さがわかるとかわからないとか、そんなこと、絵の前ではどうでも良いことに気付かされたのだと思います。

本当は故大川館長の様に、自ら絵を購入して眺めていたいですが、もちろんそんな金はありません。ですのでもっぱら美術館を訪れた時に、絵葉書を買うのと、同時に故大川館長の想いを応援したい気持ち、絵は人類共通の財産だと思って、同館を応援する活動に協力するようになりました。メンバーになると同館のフリーパスや招待券をもらえます。また企画展などの案内などを受け取ることができます。ご興味有る方は是非。

現在館の土台ともなっている松本竣介没後70周年、そして大川美術館30周年記念ということで、下記の様な企画展を開催されています。6月16日までの企画の様です。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

平成最後の日に想う

現在平成31年4月30日(火)。
平成最後の日ということで、
忘備録として自分自身の平成を振り返ってみようと思いました。

昭和天皇が崩御され、平成という年号が決まったのを知ったのは、銀行のロビーでした。
当時私(社長)は地元の銀行員で、まだ2年目の下っ端でありました。
その頃はロビーにテレビが置いてある銀行が多く、時に高校野球やニュース等を流していたと
記憶しています。そのため銀行のロビーのテレビで、小渕官房長官が平成の文字を掲げ新元号を発表したニュースを見たのでした。

あれから31年が経ちました。

私は平成になり間もなく会社を辞め、この会社に入りました。
子供時代を昭和の高度経済成長の時代で過ごした私ですので、物価が上がるということは当たり前だと考えていました。
が、平成に入ってからはモノの値段が下がっていくことを感じることが多くなってきました。いわゆるデフレです。

世界は成長しているのに、日本だけが成長できない。GDPの成長率を見ればそれは歴然としてます。
安倍政権になってから多少改善されてきていて、希望が持てるような感じになってきたものの、消費税増税(今年の秋予定)という
誤った政策を取るが故に、また景気は悪くなっていくのだなと、私個人としては思っています。

政治家や官僚の中に、自分で商売をしている人がいれば、きっとわかるんじゃないかな。
金は天下の周りモノだってこと。

わかれば増税するということが、どれくらい経済への影響があるかって想像できるはずです。

消費税3%が導入されたのは、平成元年4月。以降、平成9年5%になり、平成26年8%になりました。
成長しない平成の元凶の一端は、消費税にあったと私は思います。
世帯あたりの収入は1994年・平成6年の660万が天で、直近である2015年・平成27年のそれは
560万だそうです。

ネガティブなことばかり書きましたが、平成は私にとって振り返ってみれば良いことも多々あった時代。
ですが弊社のビジネスにとっては、あまり良い時代ではなかったのかもしれません。

令和がどんな時代になるのか??
実はわくわくしているのも正直なところです。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

2019.4月 若泉公園の今年の桜

イメージ

今度の一万円札は渋沢栄一だとか。親戚に渋沢栄一がいる友人がいて、家に彼の方から来たハガキだとかが残っているそうです。深谷市の方になってますが、伊勢崎市、本庄市、深谷市は利根川を挟んで南側と北側入り組んでいるというか、飛び地があったりして、私自身も親戚があっちにあったり、社員も本庄や深谷から来ている人もいます。それくらい交流が密です。伊勢崎市の世界遺産の田島弥平旧宅も、埼玉県側の伊勢崎市(旧境町)にあるわけで、訪れた人は住所を見て疑問に思うかもしれません。

そんなわけで利根川挟んで埼玉側にある、本庄市若泉公園。今年の桜はこんな感じで満開になっておりました。2019.4.9撮影

すでに散り始めています。明日の雨予想が憎いですね。お近くの方は是非。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

クラウドファンディングにご協力を! 石神菜の花会

イメージ

ここ何年か毎年楽しみにしていた、千葉県市原市の石神の菜の花畑。3年ほど前初めて見に行って、そのスケールとシチュエーションに感動しました。昨年は少し時期がずれてしまい、終わりかけな菜の花だったので、今年はと思い、色々調べてみるとどうも連作障害等によりいつものような花畑にはなっていないとのこと。ほんとかな?と思い行ってみましたが、やはりこんな感じでした。

ちなみに2017年の4月2日はこんな感じでした。

少しがっかりして無料駐車場の方へ歩いていると、男性の方からこのようなチラシを頂きました。

クラウドファンディングに挑戦中とあります。微力ながら協力させていただきました。

ご興味あるかた、是非こちら御覧ください。

新元号は令和にかわるとのこと。来年はまた素晴らしい菜の花畑を復活させて欲しいものです。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

桜 咲く?

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

伊勢崎市に隣接する埼玉県本庄市の若泉公園。桜の名所としてこの界隈では有名です。そこで通るたびに、定点で写真を撮っております。


2019年3月20日


2019年3月25日


2019年3月26日


2019年3月27日

と、昨日まででこんな感じです。今日は、残念撮影できませんでした。公園内に提灯も飾られて、木によっては、既に3,4分咲きのところもあったりします。もちろん多くはまだかな?ですけれど。こんな感じ(昨年の3月30日)になるのは、そろそろですね~楽しみです。

ちなみに今日2019.3.30はこんな感じでした。でももうお花見をしている人達もいますし、見頃は来週中頃なのかな??

場所によってはすでにこんな風になってます。写真奥のレストラン。特等席ですね。

最後の散髪

イメージ

私がおそらく30年程通った美容室が、今週クローズ致します。オーナーとは20代の悩み多き頃、髪を切ってもらいながら色々な話をしました。仕事のこと、趣味のこと、異性について、結婚について、政治について・・・

先月普段どおりに予約して、普段どおりに髪を切ってもらっていると、実は・・・と切り出され、3月で店を閉めると告げられました。同時に、オーナーが縁で私の人生に大きな影響をくれた人や組織に出会い、そこで勉強し経験できたことを思い返すこととなりました。閉店の理由はさもありなんということでもありますが、少なからず経済が成長しない平成という時代の影響もあったのだろうと思う次第であります。

最後の散髪を終え、本当に30年間ありがとうと告げるとともに、彼の新しい門出が幸多きモノであることを願わずにいられません。つくづく、人と人との出会いは本当に大切なんだなとしみじみ思ったのでした。人と人が出会うというのは、まさに奇跡のようなものだなと改めて確認した次第です。と同時に、さてこれからどこで髪を切ろうかと悩む私でありました(笑)

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

ホルミシス酸素カプセル 体感してみませんか?

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

平成27年度ぐんま新技術・新製品開発補助金に認定された、ホルミシス酸素カプセルを社内の一室に設置してそれそろ2ヶ月が経ちます。

現在延べで50人程の人に利用してもらっていますが、1.足のしびれがなくなった、2.(タバコを吸っていて)喉の調子が改善した、3.肩が軽くなった、4.夜中トイレに行かなくなった、等など、人によりけりですが色々な感想を延べてくれております。

ある程度集中して継続利用をしてもらい、自分なりに効能等を理解した上で、少しずつ自分のペースでご利用頂くのが良いのかと思っています。ちなみに弊社のカプセルはHHP伊勢崎南と称する予定(現在看板準備中)で、伊勢崎駅近くにある、HHP伊勢崎は既に2年程前から一般向けに利用を開始しています。そこにおいては、ガンなどの重篤な病の方のご利用が多い様です。

ご興味おありの方に、是非体感してもらいたいです。4月下旬までオープン価格1セット(約1時間)、通常2000円のところ1000円での提供とさせていただきます。お気軽にお電話でご予約下さい。0270-32-1542

松田町の河津桜 満開でした

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日、松田町の河津桜を見てきました。私は知らなかったのですが、神奈川県松田町の松田山(松田山ハーブガーデン)は河津桜が有名とのこと。人づてに聞いて、雨の日曜日、車を走らせました。

松田山ハーブガーデンは、伊勢崎市からですと関越~圏央道~東名の大井松田インターを下りてすぐなのですが、どうにも入り口が分かりづらい。何度も行ったり来たりして、やっとたどり着くことができました。(場所場所に、係の人が立っていて、案内もしてくれますが、初めての人はわかりにくい。)雨ですし、あまり期待もしなかったんですが、でもこんな景色を見ることができて感動しました。(写真では伝わらないかもしれませんが・・・)

外国の方も大勢来ていて、それなりに有名な場所なんですね。河津桜というと静岡というイメージがありましたが、ここは山の上から見下ろす感じで、菜の花と桜が一緒に見ることができて、晴れていれば富士山も見えるとのこと。

今回は雨だったので比較的空いていましたので車で行きましたが、シャトルバスも出てます。山の上には飲食店もあったり屋台があって、楽しい雰囲気です。お土産に青島みかんを購入したのでした。

余談ですが、帰りに大磯プリンスホテルへ立ち寄り、ケーキセットを頂きました。ケーキ。うまかったです。

1200円(税別)コーヒーおかわり有りですよ。

ちなみに群馬県伊勢崎市の河津桜(市民のもり公園)は2019.3.1現在ですがこんな感じです。(我が伊勢崎中央ロータリークラブが2005年に植樹したものです。)

雪を満喫 飯山市 かまくら祭り

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日、運送屋の社長たるもの、時には雪道を走ること、雪の中で行動することを体験せねばということで、飯山市のかまくら祭りに行ってまいりました。

当日は高速道路も坂城インターからずっとチェーン規制。そんな中の出発でしたので、どれだけ降ってるんだろう?と思いながら高速を走らせると、意外にも道路上は大した雪は無く、ましてや途中の佐久や小諸付近等は雪は皆無といっても良い状況でした。今年は雪が少ないというのは、本当なんですね。

玉村スマートから入って、豊田飯山まで2時間くらいでしょうか。途中サービスエリアにもよりましたが、お昼前に到着してしまいました。雪は降っていましたが、流石雪国。あちらこちらにラッセル車やロータリー車が出ていて、雪かきは万全です。でも街なかの交差点で、雪が圧雪になっている箇所があり、ブレーキを踏んでも止まらなかったときは、ちょっと焦りました。(シフトダウンすればよかっただけなんですが、慣れてないんですね。雪道に。良い勉強になりました。)

雪まつりは街なかですが、かまくら祭りはちょっと離れたエリア。でも途中の道路は完全に雪かきがなされていて、道路上には雪はほぼありませんでした。もちろん回りは一面雪ですが・・・

お昼でしたので一番近い駐車場は満車とのことで、ちょっと離れた第4駐車場へ停めましたが、シャトルバスで送り迎えしてくれましたよ。

かまくら祭り会場に到着するとこんな感じでした。

かまくらで写真を撮ったり、美味しいお蕎麦を食べたり、お土産買ったり。かまくらでは今回は食べませんでしたが、予約すると食事ができるようです。

実はこのお蕎麦が十割蕎麦で、すごく美味しかった。蕎麦湯がうまいって感じでした。具はネギと野沢菜のたまり漬け?だけだったんですけどね。ちなみにこのたまり漬け(しょうゆ漬け?)はジプロックに入れて、お土産で売ってましたのでもちろん買って帰りましたよ。

お腹が満たされたあとは、アトラクションに目がいきまして、これに乗りました・・・雪上車です。

乗ったことがある人はわかりますが、乗り心地は決して良くないですね。遊園地のアトラクションって感じ。でも楽しかったです(笑)余談ですが、私は雪上車に昔乗ったことがあるんです。(乗っただけですが 笑)どこかといいますと、にかほ市(秋田県)にある白瀬南極探検隊記念館でです。そこには当時使われた雪上車が展示してあって、操縦席に座って動かすマネ(音がでる?)ができました(10年以上前。今は知りません。お調べ下さいませ。)

最後に、かまくら祭りは毎年行われているようです。来年、また行ってみたいなって思います。雪を満喫したい人に、是非おすすめします!

そうそう、飯山市みゆき野ロータリーも、もちつき体験で出店してましたよ。(同じロータリアンとして、ちょっと嬉しくなりました。)

2 / 1212345...10...最後 »