気まぐれブログ

弊社お問合せコーナーにつきまして

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

弊社サイトにお問合せコーナーがあります。「お問合せ」と、サイトトップの右上に大きく表示されてます。飛んだサイトにフォームがあって、必要事項を埋めて頂いて、送信していただくと、弊社に届くようになっております。インターネット黎明期から、延々と続くフォーム送信機能ですよね。以前はメルアドを掲載していたのですが、あまりにも迷惑メールが多いので、こういうスタイルを取るようになりました。ですので、弊社に何かお問合せをいただく際には、ここから送信頂ければと思います。しかしながら最近、とっても迷惑メールが多いんです。さてどうしたものか??目下悩み中(笑)

GO to キャンペーン 使ってみました

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付け、健康も考える 小久保運送有限会社です~

話題のGo To キャンペーン。利用してみました。宿泊代の半分のうち、35%が割引され、残りの15%を地域で使えるクーポンで返してくれる。すごくお得でした。宿代はもちろん、クーポンでお土産代も出ましたので。

でもよく考えてみたら、これって不公平ですよね。なぜならば旅行に行く人だけが、その恩恵に浴することができるわけだから。旅行業界が大変なのは、了解していますし、地域経済も落ち込んでいるのはよくわかってます。だって弊社だってコロナ禍の影響を、思い切り受けてますから。

であるならば、ここは旅行に行ける人だけでなくて、一般の人すべてが恩恵を受けられる、「減税」もっといえば、「消費税減税」をやるべきなんじゃないのかな~。個人的にはそう思います。少し前に国民全員に10万配りましたが、かかった費用は12兆くらいですか?1年の時限付きの消費税ゼロをやるとしたら、20兆ほどで済むようです。色々小出しにやるよりは、国内のすべての経済活動に影響がある消費税ゼロを、今こそやるべきなんじゃないんでしょうかね?

最近ある本を読んでいて、消費税はモノを買う行為に対する罰金だと書いている本がありました。確かにそうかもしれません。消費税を上げることで、本当に社会が豊になるんでしょうか?我々の可処分所得を減らし、消費する意欲を失わせることが、国内の景気を押し上げることになるんでしょうかね?もっとも政治家は、レジ袋の有料化等という馬鹿げた政策に対して、大した反対の声もあげずにスルーしたわけですから。わからないのでしょうね。景気が落ち込むことがどれほど庶民を苦しめることになるのか。国の行く末を動かしている政治家、官僚サンたちは、一度で良いから商売をしてみると良いですよ。モノやサービスを売って売上を作り、同時に人を雇い、社員に給料を払い、自分もそこからお金をもらい、納税をしてビジネスを継続していく。それがどれだけ大変なことかわかるはずですから。そうすれば本当に必要な規制や制度は何なのか?わかるんじゃないのかな?庶民からお金を巻き上げて、それを政府が決めた場所へばらまく。設計主義で世の中はうまくいきません。それは旧ソ連が証明しましたよね。

GO TO キャンペーン。やらないよりやるほうが100倍いい。だけど目的を考えると、もっと良い方法があるんじゃないのかな?そんなふうに思った次第です。

幌車にしかできない仕事がある?

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

軽貨物輸送の車両には、ワゴンやパネルバン、幌等色々タイプがあります。弊社でも色々なタイプの車両を保有しております。が、スポットでこれからすぐという場合、基本的には幌車で対応することが多いです。というのも、積込や卸時のフォーク対応、長尺モノなど長さへの対応、そして容積の問題など、いろんな意味で汎用性があり、幌車のほうが優れていると考えているからです。もちろんケースバイケースなんですが。時には幌車でないと駄目というお荷物も結構多かったりします。もちろん逆に、ワゴンでないと駄目っていう仕事もあるんで、いろいろなんですけどね(笑)

梅雨もそろそろ明けるのでしょうか?早くコロナ禍が過ぎ去って欲しい、今日このごろです。

日本ではなぜ重症化率・死亡率が低いのか?

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

タイトルについて、ずっと疑問でした。今、盛んに今日は200人を超えた(PCR検査陽性者?)とか、マスコミは騒いでます。確かにちょっと前と比べると、数の上ではそうなんですが、だけど重症者や死亡者については言及しなくなりました。そして以前から思っていますが、なんで日本では重症化率や死亡率が低いのでしょうね?これについてネット情報ですが、見つけました。この記事(クリック)

この記事は専門家へのインタビュー記事だけれど、とっても説得力があります。で、もしこの記事通りなのであれば、今回のコロナ騒動、コロナ禍っていったいなんだったの?ってことになるような、、、、。もちろん正しければですが。偉い人達はこうした情報って、既に入手されたりしているんでしょうかねぇ。Facebook上のシェアは2万超えてますから、相当拡散されていると思います。この記事が正しいことを、私は祈ります。そして早くこの騒動が収まって、以前の生活が戻ってくることを期待したいのです。

備忘録 レジ袋有料化に想う

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

2020.7.1からレジ袋が有料化されました。この制度には少々疑問もありますが、マイバック等を用意しました。で、利用もしております。ですが先日思ったのですが、ベーカリーショップでパンを買おうと思って手ぶらで入ったのですが、レジ袋が有料ですと言われました。たまたまイートインを利用するつもりでしたので、特に問題なかったんですが、あらためて「そうか、パン屋さんでもレジ袋は有料なんだ」と思った次第。これはコンビニでもそうです。

コロナの影響があって、あのコンビニでさえ売上が減少している聞きます。こんなときに決まったことだからと行って、やるべきなんでしょうかね?レジ袋有料化は、間違いなく消費を抑えることになるのではないでしょうか?先日もコンビニに入って、手に持てないので4点目を棚に置いた次第です。

まあ金額にすれば1枚、数円の話しなので、慣れの問題なのかもしれませんが、コロナ禍の今。これを予定どおり実施するという、センスの無さにちょっと???です。

こんなことはちょっとお店なんかを経営すれば、よくわかることなんでしょうが。ちょっと残念です。

やりがいを感じる?金融機関 備忘録

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

かつて私(社長小久保)は、金融機関に勤務していました。僅かな期間でしたが、円満退社で辞めたので、未だにその頃の同僚、上司、同期等とお付き合いがあります。先日は偶然かつての上司から仕事をもらいました。お互い懐かしく、昔話に花を咲かせた次第です。

先日かつての同期で、友人から電話がありました。「コロナの影響はどう?」から始まり色々と話す中で、今、行政が打ち出している低利もしくは無利子の融資の話に及びました。支店の中では融資担当が一番張り切っているそうで、毎日夜遅くまで残業しているそうです。大変だけれど皆一生懸命仕事をしているとのこと。入社数年の若手は、始めて「やりがい」を感じていると公言するものもいるそうです。

私もそこに居ましたので、何となくその若者のいうことがわかります。失われた30年。とにかく日本経済は低迷し続けました。他国は成長しているのに、日本だけが成長しない。そんな時代が長く続いています。でも金融機関は利ざやで稼ぐのが基本なわけで、融資を伸ばすことは至上命令。ですが成長していない状況の企業と、成長している状況の企業。どっちが資金需要あるでしょうか?そんなの成長している状況の企業に決まっていますよね。今年より来年、来年より再来年。売上が少しずつでも上がると見込めれば、さまざまな設備投資意欲等もわくでしょうから。

でも失われた30年。そんななかの融資は、ときに「おねがい融資」や「本業応援以外の融資」だったりするわけです。そこに銀行マンとしての「やりがい」を感じろったって無理だと思います。だから行員も辞める辞める。最近の話ですが、支店の同期入行者が自分以外全員辞めてしまったとか、30までの退職者がとても多いとか。そんなことを噂ですが聞きました。そこにもってきてFinTechの登場。通帳や証書等も廃止され、支店の存在さえ意味がなくなってしまうかもしれないですよね。人と人との繋がりを重視しない、ひたすら効率を追求する金融機関。書いてても何だか魅力を感じません(笑)。そりゃ辞める人間も多くなるよね。

その友人も言ってました、行政が打ち出した無利子の融資枠。実は自分たちが想定しているマーケットシェアに、その取り扱いが大きく届かないのだそうです。要は普段から地域密着でやっている自分たちよりも規模の小さい金融機関に、やられているのだそうです。経営者から言わせてもらえば、そりゃ当たり前だよと。レートで勝負できない競争なのだから。親しみのある金融機関になびくよ。ある意味、自分たちの今周りからどう見られているかがわかるんじゃないの?と。人と人との繋がりをちょっと蔑ろにしすぎたんじゃないかなと。友人は電話の向こうで、「まったくそのとおりだよ」と、自虐気味に言ってました。

どうでも良いことですが、備忘録として記しておこうと思った次第です。やっぱり成長している国、世の中って良いですよね。夢が見られます。昨日伊勢崎市の各戸に、10万の給付金案内が届きました。年間予算900億の伊勢崎市に、200億くらいのお金が降りてくる。これが今のデフレマインドを抑え、年率2~4%程度の、マイルドなインフレに転換する起爆剤になってくれることを期待したいと思います。

2020年4月初旬 東吾妻町 岩井親水公園の水仙と桜

イメージ

武漢発の新型コロナウイルス騒動で、外出することも憚れるなかですが、公園の散歩などは自身に発熱等の症状がなければとくに問題が無いとのこと。そんなことで、先日、群馬県東吾妻町の岩井親水公園に初めていってきました。この時期、ここでは水仙と桜が同時に咲いて、とっても綺麗です。久しぶりの美しい自然に、心癒された一時でした。早く普段の日本になってくれると良いですよね。マスクしながらドライブに花見。仕方ないけれど、あんまり好きじゃないです(笑)

伊勢崎市から岩井親水公園までは、関越道を利用して1時間程です。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

備忘録 桜咲く、、、

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

今年の桜。予想通り、例年より早い開花でした。今日4/2現在。あちこちこのあたりは満開をすぎ、散り始めています。と、書いていて、いつもなら桜の開花が待ち遠しく、市内華蔵寺公園に花見に行ったりして楽しいイベント目白押しなシーズンなのですが、、、うーん、コロナが憎い。

私の携帯の中の写真は、3月25日の本庄市若泉公園の桜の写真しかありませんでした。もっとあちこちで見ているはずなんですが。毎日毎日コロナコロナ言われていると、何だか気持ちが荒んできます。美しいものを美しいと思えない日常は、ぜったいに健全ではないですよね。ここ日本では。

早くいつもの日々に戻って欲しいものです。

つくづく消費税増税は罪作りだと思います

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

この度のコロナウイルスの騒動。影響は深刻だと思います。先日発表されたGDPの数値は、実質-7.1%(実質とは名目(値)から特定の年の物価を基準として、物価上昇や下落などの物価変動部分を取り除いたもので、年度間の比較に使う。)、名目値-5.8%(名目値とは、その年度に実際に取引されている価格)です。

これはコロナウイルスの影響ではないですよね。だって去年の10月~12月の数字なんだから。ではこの大きなマイナスは何が原因なんでしょう?そうです、あれです。「消費税」ですよね。増税するって言ってから、あれだけ色々良識ある経済学者や、評論家、我々のような零細企業をはじめ中小企業経営者達は、皆反対していたと思います。皆、税金払いたくないって言ってるんじゃないです。「今、上げるのは大反対」総じてこんな論調だったように思います。私もそうです。経済成長していない状況の中で、リスクを取って経済活動をしていくことの苦しさを知っているからです。

ここで大事なのは、リスクを取ってというところです。サラリーマンだってリスクを取ってる。と言われれば、否定しません。でも給料をもらうために、身銭を切っているでしょうか?借金をしているでしょうか?我々経済人は、時にリスクを多かれ少なかれとっています。そう考えますと、経済が伸びる社会というのは、そうしたリスクを取って頑張ろうという人が多くなる社会なのかもしれません。

形が出来上がった会社のサラリーマン社長には、こんな話しはわからないかもしれませんよね。よく老舗経済団体の幹部が、消費税増税には反対しないなどという意見を、メディアを通じて明言していることには大きな失望を感じてきました。経営者の気持ちが、この人達にはあるのかな?と。

昨秋の増税による消費低迷。そこにもってきて、このコロナウイルスがあたえる打撃。何もしなければ影響はかりしれないものがあると思います。是非日本政府には、大いなるリーダーシップを発揮して、難局を乗り切る策を講じて頂きたいと思います。

私の友人の中には、今、午前中アルバイトをして、そして午後はもともとの自営業に勤しんでいる子どもをもつ父親がいます。彼は旅行関係の仕事をしていて、多くの仕事がキャンセルになっています。私も4月に予定していたある小旅行を、さきほど彼に依頼してキャンセルしました。こんなときだからこそ行きたいのですが、私の意思だけではどうにもならず、断腸の思いでキャンセルさせてもらいました。今回、宿泊予定していた温泉地、宿は、今本当に大変だろうと思います。我々の様な客が大勢いるだろうからです。想像できるので、本当に悔しい思いです。

でも個人的には今回の件。なんとかなるさと、思っています。東日本大震災でもそうでした。でもまずは、政府に英断を下してもらいたいです。フリーランスに10万貸すとかそういうしょぼい策ではなくて、消費税を3年間半分いや、ゼロにするとか。そんな策を期待したいものです。

PS.
それともしかするとこのコロナの件は、日本の企業が海外に生産拠点を移してしまった流れを、もとに戻せるチャンスなのかもしれないですよね。それでなくてもアメリカはそういう意思を、少し前から示していましたから。経済はもちろん安全保障上も重要なパートナーでもあるアメリカがそうした動きをしているのに、我が国はあの国の偉い人を国賓でまねこうとしていましたから。ある意味このコロナがそれを打ち砕いたかの如く見えるのは、何やら歴史の皮肉にも見えたりします(日本の当事者はそう感じているんじゃないかな。不謹慎な言い方を承知で言えば、ほっと胸をなでおろしている人もいるかもしれませんね。)

まえばしCITY エフエム リアル介護(KAIGO)ホルミシスヘルスプロダクト

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日、HHP伊勢崎南を運営している関係で、前橋市のコミュニティFMへ出演依頼がありました。リアルKAIGO第58回放送、テーマは「藁にもすがる思いの方々のために」というもので、出演はHHP本部の梅田社長と伊勢崎南代表の私。

地元芸人のアンカンミンカンの富所さんと、TOWN介護・HHP前橋代表でもある外丸社長が進行役という番組でした。当日は、前橋市の前橋プラザ元気21にある1Fのスタジオで収録が行われました。

何を話せばよいのか?まったく台本も無く、どんな番組かもきちんと知らされることなく、いきなりの出演だったのですが、臨床経験の豊富な梅田社長のトークに私も引っ張られ、それなりにこれまでの経緯やホルミシス酸素カプセルの可能性等について語ることができたかな?と思います。

ユーチューブにもアップされるということですが、今のところ、まだ見ることはできないようです(2020.2.10現在)。音源は頂いているので、音源のみをアップ致しました。こちらをクリック

少しづつですが、ホルミシス酸素カプセルの輪が拡がっていけばよいなーと思っております。ちなみにアンカンミンカンの富所さんは、本部のカプセルに入ったことがあるとのことでした(笑)

ホルミシス酸素カプセルもどうぞよろしく。ご利用お待ちしております。

1 / 912345...最後 »