気まぐれブログ

桐生市 大川美術館 松本竣介 子どもの時間

イメージ

私(社長)は、桐生市にある大川美術館の個人メンバーシップに参加しています。年間2万円の会費を払うと、メンバーになれます。2004年に大川美術館を初めて訪れ、故大川栄二館長の案内で館内をお話を聞きながら回るという、今考えるとかなりラッキーな機会に恵まれて以来、同館のファンになりました。その後、メンバーシップ制度があることを知り、恐らく10年以上メンバーになっていると思います。

昔から美術が好きなわけではありませんでしたが、漫画を含めて絵にふれることは好きでした。学生時代にヨーロッパへ行き、行く先々で美術館めぐりもしましたが、今ほどの興味や熱が無いまま名画の前を通り過ぎただけというのはなんとも悔やまれる。そんな程度の美術好きでありました。

2004年に故大川館長が、車椅子に乗って館内を絵について熱弁を持って案内してくれました。その時に聞いた言葉、「名前で見るな。心で見ろ。」「理解しなくても良い。思うままで良い。」(そんな感じのことだったと記憶してます。)そんな言葉に、例えばピカソがわかるとかわからないとか、良さがわかるとかわからないとか、そんなこと、絵の前ではどうでも良いことに気付かされたのだと思います。

本当は故大川館長の様に、自ら絵を購入して眺めていたいですが、もちろんそんな金はありません。ですのでもっぱら美術館を訪れた時に、絵葉書を買うのと、同時に故大川館長の想いを応援したい気持ち、絵は人類共通の財産だと思って、同館を応援する活動に協力するようになりました。メンバーになると同館のフリーパスや招待券をもらえます。また企画展などの案内などを受け取ることができます。ご興味有る方は是非。

現在館の土台ともなっている松本竣介没後70周年、そして大川美術館30周年記念ということで、下記の様な企画展を開催されています。6月16日までの企画の様です。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

2019.4月 若泉公園の今年の桜

イメージ

今度の一万円札は渋沢栄一だとか。親戚に渋沢栄一がいる友人がいて、家に彼の方から来たハガキだとかが残っているそうです。深谷市の方になってますが、伊勢崎市、本庄市、深谷市は利根川を挟んで南側と北側入り組んでいるというか、飛び地があったりして、私自身も親戚があっちにあったり、社員も本庄や深谷から来ている人もいます。それくらい交流が密です。伊勢崎市の世界遺産の田島弥平旧宅も、埼玉県側の伊勢崎市(旧境町)にあるわけで、訪れた人は住所を見て疑問に思うかもしれません。

そんなわけで利根川挟んで埼玉側にある、本庄市若泉公園。今年の桜はこんな感じで満開になっておりました。2019.4.9撮影

すでに散り始めています。明日の雨予想が憎いですね。お近くの方は是非。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

クラウドファンディングにご協力を! 石神菜の花会

イメージ

ここ何年か毎年楽しみにしていた、千葉県市原市の石神の菜の花畑。3年ほど前初めて見に行って、そのスケールとシチュエーションに感動しました。昨年は少し時期がずれてしまい、終わりかけな菜の花だったので、今年はと思い、色々調べてみるとどうも連作障害等によりいつものような花畑にはなっていないとのこと。ほんとかな?と思い行ってみましたが、やはりこんな感じでした。

ちなみに2017年の4月2日はこんな感じでした。

少しがっかりして無料駐車場の方へ歩いていると、男性の方からこのようなチラシを頂きました。

クラウドファンディングに挑戦中とあります。微力ながら協力させていただきました。

ご興味あるかた、是非こちら御覧ください。

新元号は令和にかわるとのこと。来年はまた素晴らしい菜の花畑を復活させて欲しいものです。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

桜 咲く?

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

伊勢崎市に隣接する埼玉県本庄市の若泉公園。桜の名所としてこの界隈では有名です。そこで通るたびに、定点で写真を撮っております。


2019年3月20日


2019年3月25日


2019年3月26日


2019年3月27日

と、昨日まででこんな感じです。今日は、残念撮影できませんでした。公園内に提灯も飾られて、木によっては、既に3,4分咲きのところもあったりします。もちろん多くはまだかな?ですけれど。こんな感じ(昨年の3月30日)になるのは、そろそろですね~楽しみです。

ちなみに今日2019.3.30はこんな感じでした。でももうお花見をしている人達もいますし、見頃は来週中頃なのかな??

場所によってはすでにこんな風になってます。写真奥のレストラン。特等席ですね。

松田町の河津桜 満開でした

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日、松田町の河津桜を見てきました。私は知らなかったのですが、神奈川県松田町の松田山(松田山ハーブガーデン)は河津桜が有名とのこと。人づてに聞いて、雨の日曜日、車を走らせました。

松田山ハーブガーデンは、伊勢崎市からですと関越~圏央道~東名の大井松田インターを下りてすぐなのですが、どうにも入り口が分かりづらい。何度も行ったり来たりして、やっとたどり着くことができました。(場所場所に、係の人が立っていて、案内もしてくれますが、初めての人はわかりにくい。)雨ですし、あまり期待もしなかったんですが、でもこんな景色を見ることができて感動しました。(写真では伝わらないかもしれませんが・・・)

外国の方も大勢来ていて、それなりに有名な場所なんですね。河津桜というと静岡というイメージがありましたが、ここは山の上から見下ろす感じで、菜の花と桜が一緒に見ることができて、晴れていれば富士山も見えるとのこと。

今回は雨だったので比較的空いていましたので車で行きましたが、シャトルバスも出てます。山の上には飲食店もあったり屋台があって、楽しい雰囲気です。お土産に青島みかんを購入したのでした。

余談ですが、帰りに大磯プリンスホテルへ立ち寄り、ケーキセットを頂きました。ケーキ。うまかったです。

1200円(税別)コーヒーおかわり有りですよ。

ちなみに群馬県伊勢崎市の河津桜(市民のもり公園)は2019.3.1現在ですがこんな感じです。(我が伊勢崎中央ロータリークラブが2005年に植樹したものです。)

雪を満喫 飯山市 かまくら祭り

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日、運送屋の社長たるもの、時には雪道を走ること、雪の中で行動することを体験せねばということで、飯山市のかまくら祭りに行ってまいりました。

当日は高速道路も坂城インターからずっとチェーン規制。そんな中の出発でしたので、どれだけ降ってるんだろう?と思いながら高速を走らせると、意外にも道路上は大した雪は無く、ましてや途中の佐久や小諸付近等は雪は皆無といっても良い状況でした。今年は雪が少ないというのは、本当なんですね。

玉村スマートから入って、豊田飯山まで2時間くらいでしょうか。途中サービスエリアにもよりましたが、お昼前に到着してしまいました。雪は降っていましたが、流石雪国。あちらこちらにラッセル車やロータリー車が出ていて、雪かきは万全です。でも街なかの交差点で、雪が圧雪になっている箇所があり、ブレーキを踏んでも止まらなかったときは、ちょっと焦りました。(シフトダウンすればよかっただけなんですが、慣れてないんですね。雪道に。良い勉強になりました。)

雪まつりは街なかですが、かまくら祭りはちょっと離れたエリア。でも途中の道路は完全に雪かきがなされていて、道路上には雪はほぼありませんでした。もちろん回りは一面雪ですが・・・

お昼でしたので一番近い駐車場は満車とのことで、ちょっと離れた第4駐車場へ停めましたが、シャトルバスで送り迎えしてくれましたよ。

かまくら祭り会場に到着するとこんな感じでした。

かまくらで写真を撮ったり、美味しいお蕎麦を食べたり、お土産買ったり。かまくらでは今回は食べませんでしたが、予約すると食事ができるようです。

実はこのお蕎麦が十割蕎麦で、すごく美味しかった。蕎麦湯がうまいって感じでした。具はネギと野沢菜のたまり漬け?だけだったんですけどね。ちなみにこのたまり漬け(しょうゆ漬け?)はジプロックに入れて、お土産で売ってましたのでもちろん買って帰りましたよ。

お腹が満たされたあとは、アトラクションに目がいきまして、これに乗りました・・・雪上車です。

乗ったことがある人はわかりますが、乗り心地は決して良くないですね。遊園地のアトラクションって感じ。でも楽しかったです(笑)余談ですが、私は雪上車に昔乗ったことがあるんです。(乗っただけですが 笑)どこかといいますと、にかほ市(秋田県)にある白瀬南極探検隊記念館でです。そこには当時使われた雪上車が展示してあって、操縦席に座って動かすマネ(音がでる?)ができました(10年以上前。今は知りません。お調べ下さいませ。)

最後に、かまくら祭りは毎年行われているようです。来年、また行ってみたいなって思います。雪を満喫したい人に、是非おすすめします!

そうそう、飯山市みゆき野ロータリーも、もちつき体験で出店してましたよ。(同じロータリアンとして、ちょっと嬉しくなりました。)

伊勢崎銘仙の隆盛 箱根で発見

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

先日久しぶりに、箱根町にあるポーラ美術館を訪れました。家族が、企画展「モダン美人誕生」を見たいというリクエストにお応えしまして(笑)。個人的にはあまり興味はなく、ただ副題?として岡田三郎助生誕150年記念とありますので、明治の洋画壇の巨匠の絵が見られるのかな~と漠然と思って行ったのです。

そんなわけで数年ぶりのポーラ美術館は、山の中にあって雨の降る寒い日曜朝にもかかわらず、結構な人で賑わっておりました。ここの美術館は4層になっていて、エントランスからエスカレーターでチケット売り場まで下り、チケットを購入。そして更に2つの展示階へ下っていくという、構造になっています。

さてお目当ての企画展、モダン美人誕生コーナーは、明治の頃から連綿と変遷を遂げてきた日本の「美人」という概念について、またそれにかかわってきた画家達等にスポットを当てて展示してありました。さすが化粧品メーカーポーラが関連する美術館。日本人の美人に対する捉え方を時系列で、色々な展示物で表現しているなと感じた次第です。男性にももちろん楽しめる、中身の濃い企画展でありました。

その中で最も注目したのは、わが街が誇る「伊勢崎銘仙」を宣伝する、昭和初期の頃のポスター(収蔵は江戸東京博物館)。松竹の映画女優、槇芙佐子をモデルにしたポスターがガラス張りのケースの中に展示されていました。ポスターには伊勢崎織物同業組合の文字が。(今の伊勢崎織物協同組合と同じなのかな?)

ネット情報ですが、初代のポスターモデルは水谷八重子。ちなみに一緒に行った弊社会長は若い頃、織物関係の仕事に携わった時期があり、そうした女優さんのポスターもおぼろげながら覚えていたようです。

あらためて伊勢崎銘仙がいかに一世を風靡したのかがわかる、ちょっとだけ誇らしげになれるそんな企画展でありました。

ポーラ美術館はルノワールのレースの帽子の少女等、印象派のコレクションで有名な美術館とのこと。ガレ等のガラス器等女性好みというのは安っぽい表現ですが、流石女性の美を追求した創業者のコレクションだなあと、個人的には思ったのでした。入館料はちょい高めですが、でもこれだけのモノを一同で見られるならリーズナブルなのではないでしょうか?

ポーラ美術館

御宝田遊水池の白鳥と田淵行男記念館 忘備録

イメージ

お正月気分も抜けた先日。時間もあったので、お昼頃から安曇野方面へドライブしました。お目当ては、日曜美術館で紹介されていた写真家田淵行男の記念館と、御宝田遊水地の白鳥です。行きは関越に乗り、安曇野までの行程。お昼前に出発し、途中SAでまずい味噌ラーメン(どことは言いませんが)を食べて、記念館まで、ドアツードアで3時間少々のドライブ。

安曇野インターを下りて、約10分。田淵行男記念館に到着すると、NHKで紹介されたからか、我々と同じ様な感じのにわかファンが来訪していました。山の写真もそうですが、蝶の細密画にも感動。プロフィールをよく見ると、私の叔母の母校(都立竹原高校)の教師もやっていた方とわかり、頭の良い人だったんだなあと感じました。

記念館を楽しんで、そのあと御宝田遊水池へ。白鳥は本日150羽来ているとのことでしたが、ほんとかどうかはわかりません。そのかわり白鳥以外の鴨等が、数えきれないくらいおりました。餌(200円~)を購入し、鳥たちを餌付けしながらスマホで写真を撮るのは、ものすごく寒かったですが、楽しかったかも(カモ)

帰りに大正時代から続くパン屋さんで一休みして、三才山超えで帰りました。そんな日曜日でした(笑)

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

初詣 金鑚神社から鏡岩

イメージ

小学生低学年の時、遠足で児玉の金鑚神社へ連れて行ってくれたことを思い出し、今年の初詣は何となくそこへ行ってきました。

久しぶりに行く金鑚神社は結構な人出。駐車場に車を止め、参道を経てお参りするまで割と時間がかかりました。お正月ですから当然でしょうが。

お参りを済ませ、ふと思い出したのが「鏡岩」。確か境内の左手山奥に、鏡岩へつながるルートがあるはず。調べてみるとありました。立て札に500m先とあります。その程度の距離なら、何とかなるなと思い、整備された階段を登ることしばし。が、5分歩いて来たことを後悔しました。でもここまで来たのだからと気を取り直して更に進み、やっと岩までたどり着いた次第です。

はあはあ言いながら、休んでいると、小学校の遠足時にこの岩の前で、体育の先生が岩について説明してくれたことを思い出しました。昔の人はこの岩に自分の姿を映して鏡の様に利用したとか言ってましたが、本当に映るのでしょうかねぇ?少なくともこの状態では、鏡の代わりにはならないでしょうが・・・・綺麗に磨けば、良いのかもしれません。

この先もっと進めば、見晴らしの良い場所へ行けたはずですが、小学3年生の頃には感じなかった体力の限界を感じ、諦めて引き上げたのでした(笑)。記憶では、確かここを見たあと、寄居町の鉢形城址を見た気がします。そこでお弁当食べて、もしかしたら荒城の月を歌わされたかも・・・なんと言っても私が通った小学校は、教育会の重鎮、斎藤喜博の息のかかった学校でしたから(わかる人にはわかりますよね。)。そんなわけで、あれから1週間経っても、まだくるぶしのあたりの筋が痛い私でした。来年はもう少し鍛えて、チャレンジしようかと思います。

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

日本神社に行ってきました

イメージ

本庄市児玉町に「日本神社」という神社があります。実はいつも「行ってみたいな~」って思っていたんです。ただ場所がよくわからなかった。恐らくこのあたりだろうと思われる場所を車で通ったり、いつもしているはず。そのエリアに行くと、看板もあるので間違いないんですが、どうもどこなのかわからない。そんな状況が続いていました。

昨日、とうとう場所を発見しました。本庄市内から児玉町へ入り、円良田湖へ向かう道沿いにありました。(正確には、道沿いに入り口があったということです。)昨日、円良田湖を抜け、長瀞町に入ろうと思って見つけてしまいました。

いつも見ている「日本神社」の看板を見て、今回は車をすぐ停めて、あたりを見てみると、山の中に入っていく細い道が。(車がギリギリ1台入れるが、一般車は入れません。)看板の前に商店があり、その脇に停めさせてもらい、その細い参道?を入ってみることにしました。両サイドには、神社のノボリがささっていて、間違いなくここは「日本神社」に入っていく道だと確信しました。

でもこんな感じなので、ちょっと不安です。

ここをずんずん上がっていくと、こんな感じになってきました。

そして境内が見えてきました。

こんな山の中に鮮やかな青いダルマが不釣り合いな感じ

由緒です

長年の自分の中の謎がやっと明らかになりました。本庄市長のSNS等にも登場する、有名な神社。駐車場が無く、道を入って山の上とはわかりませんでした。気になる方は是非。場所はここです

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

1 / 41234