事例紹介

荷物のお引取りについて スポット・お引越し etc・・・

イメージ

~群馬県伊勢崎市を中心に営業する、緊急輸送(軽冷凍OK)とお引越・お片付けの得意な小久保運送有限会社です~

明日から3月。引越が多い季節です。そんななか、地元へ戻ってくるのですが、引越ができますか?というお問い合わせが結構多いです。結論から言えば、弊社の車両で間に合えば、もちろんOK。ただどうしても親御さんが聞いてくるケースが多い。その場は、ご本人さんからお電話を頂戴するようにしています。何故なら、第三者だと荷量が正確にわからないから。行って積めないというケースが一番悲惨。そんなことの無いように、ヒアリングを御本人さんからするようにしています。そのおかげか今のところ、ここ10年程、行って積めないということは無いです。

引取ということで言えば、企業様ユースのお引取りもございます。そんなときは弊社が培ってきたネットワークを駆使し、お客様のご要望にお応えすべく動きます。是非そんな案件がございましたら、お任せください。

ある依頼

もの凄く久しぶりに、あるお客様から運送の打診をいただきました。普段あまり扱わない荷物でもあり、結果的にお断りしてしまいました。社長である私はそれを知らず偶然もあったのですが、そのお客様の会社を訪ね、あの件について・・・というと、「いや~これこれこういういきさつで・・・」と話しをされてしまいました。申し訳ありませんでした。最初に荷物と現場を見にきて、そしてお客様とお話していれば十分弊社で対応できた案件でした。何でもかんでも電話ですまそうとしてしまった我々、月末の忙しさにかまけてそれをしなかった我々、全て我々側に問題ありでした。また次回、よろしければぜひお声掛け下さい。と平謝りに謝って、その場を後にしました。やはりお客様と直に会って、顔を見ながら言葉をかわすことが大事だと、つくづく思った次第です。